バンクーバー在住6年目、世界を股にかけるフリーターちひろうさぎの日記と映画レビュー。

2015/09/12

BCPNPで永住権を取るの巻④Flag Pole失敗とリベンジ

前回までのお話はこちら→
BCPNPで永住権を取るの巻①ノミネートまで
BCPNPで永住権を取るの巻②Flag Pole
BCPNPで永住権を取る③ノミネート後にレイオフされた



…というわけでまたFlag Pole。通算3回目。病的な方向オンチのわたしを案じてまたまたセビくんが付き添いで来てくれましたー。


相変わらずアメリカ側のオフィサーはめちゃフレンドリーで、what's up YOみたいなノリでした。ちょっと待ってろと言われてなに待ちかと思ったら彼のオヤツ待ち…。黄色い付箋のブロック食べてるのかと思ったらリンゴだった(ド近眼)。前回と同じようにここでパスポートを見せて「Flag Poleするだけでアメリカに旅するわけではないよ」と書いた紙をもらいます。

さて、こっからが本番、カナダ側のオフィスへ。どいつもこいつもなんでこんな態度悪いの?!なぜか怒ってるんですけど、、、

結果から言うと、この日ワークパーミットはもらえませんでした。BCPNPのノミネーションの有効期限が半年間で、期限内にCICに永住権申請の書類を送るという約束はもちろん知っていたので、6月の終わりに書類送付を済ませていたのですが、書類送付を済ませたという証拠がなければノミネーション期限以降のワークは出さないと言われた。わたしの場合期限が9月15日で来週なので、手数料フルで払って一週間分のビザを取るのは賢明でないとのこと。この「証拠」はAORといって「書類受け取りました。これから審査に入ります」というCICから来る最初のメールのことで、このメールを受け取るには最低でも2ヶ月を要すっというのは常識なのだが、「こんな大事な書類の返事が2ヶ月も来ないのになんでCICに電話しないの?!家帰って電話しなよ」とマジでムカつく態度で言われる。「AORがないならダメ。ハイ、次の人!」と、他の書類には目も通さず門前払いされてもうた。エーン。

セビくんに丸一日付き合ってもらったし、一夏かかった就職活動が実ったということで帰りになにか美味しいものでも食べようと思ってたのに…くやしくて涙がこぼれた。スゴスゴ退散。

次の日さっそくCICコールセンター(これまた態度が悪い)に電話すると、「AORが来るのに2ヶ月以上かかるのは至って普通です。ビザ更新には必要ないはずですがボーダーオフィサーがそう言うんだったらまあそうなんじゃない?オンラインで申請すれば問題ないでしょう」との回答。なぜわざわざ遠い国境まで行くかというと、国境申請だとその場でビザが発行されるのに対し、オンライン申請だとなんと117日待ちとかなのです。その間に手持ちのビザが切れてもimplied statusといって引き続き古いビザと同じ条件で国内に滞在することができます。たとえばもともとワーク持っててオンラインでワーク申請した場合は結果が出るまで期限切れのビザで働き続けてもいいということ。しかしわたしの場合いま持ってるのがクローズドワークパーミットで前の職場限定のビザなので、implied statusになったところで滞在はできても働けないわけです。せっかく新しいところに雇ってもらったのに実際働けるのは3ヶ月半先とかさすがに気まずすぎる…。なんとかボーダーで更新したいところ。

ていうかPNP nominee (=LMIA exemption)のクローズドワークパーミット申請にAORが必要なんてどこに書いてあったよ?よく考えたらDocument Check List に書いてないのに持ってるわけないじゃんね。チェックリストには
If your nomination has expired, provide a copy of the acknowledgement letter confirming CIC received your permanent resident application before the nomination expired. 
って書いてある。それってつまりPNPの期限内ならa copy of the acknowledgement letter confirming CIC received your permanent resident applicationはいらないってことでは?


CIC公式webサイトにもこう書いてある。

International Mobility Program: Federal–provincial or territorial agreements [R204(c)] (LMIA exemption code T13)

>Foreign workers nominated by a province or territory
The duration of the work permit should be equivalent to the duration of the offer of employment. Where the offer of employment is for a “permanent duration”, the work permit will be issued for a maximum of two years.
 NOTE: It is not necessary for the foreign national’s application for permanent residence to have been received by CIC for the work permit to be issued, unless the nomination is expired. In that case, a copy of the acknowledgement letter confirming that CIC received a Provincial Nominee Program (PNP) permanent residence application should be provided with the work permit application. 

やっぱ必要ないやんけ! あのババア!これプリントアウトして持ってってリベンジしてやる!

とはいえ次回のFlag PoleまでにAORが出ればモメなくて済んで一番いいよなーと思いながら世界中の同志たちが共有するタイムラインを毎日チェックしていた。それによると本当に今日明日にでもメール来そうなかんじ。

と思っていたら!!!ノオオオオオオオ!なんと書類そっくり送り返されてきちゃったよ!申請料550ドルを、同封したクレジットカード情報をもとに請求したがdeclineだったとのこと。なんという凡ミス。あーあこれじゃAOR来るわけないっていうか、今度こそ本当にノミネーション切れちゃうから郵便の時間も考えると2日以内に送り返さなきゃってこと?!とパニくってわけもわからぬままダウンタウンのPNPオフィスに駆け込む。そうだ、有効期限が切れそうなら有効期限を延ばせば良いじゃないの。わたしは天才か。前からメールで事情を相談していた担当アドバイザーのパトリシオさんと直接お会いすることができた。そしたらあっさりノミネーション期限を半年間延長してくれた!「ボーダーオフィスのポリシーはよくわからんが、前回の理屈で言えばこれで最低でも半年はビザくれるはず。もしくは返送された書類を見せればそれが(失敗したとはいえ)CIC申請したっていう証拠になって一年以上出るかも?」とのこと。ダメもとで頼んでみてよかった。PNPオフィスはほんとに親切。

ビザ切れ目前の9月11日、今度こそワークパーミット持って帰るぞい!と気合いをいれてまたまた国境へ。またまたセビくんと。よく付き合ってくれるよね、ほんと。天使か!

この日はめずらしくオフィスが混んでました、というか急病人が出たらしくオフィサーがほぼ全員外に出てその老人の世話をしていた。多分天気がいいので働きたくないのだろう。あの意地悪ババアも外にいる…!ビザ業務もただ国境超えて旅する人たちも全部一人がさばいているのでかなり待たされた。待っている間に同じくFlag Poleするというオーストラリア人のカップルやフランス人のレズビアンとすっかり話し込み、特にフランス人ちゃんとセビくんはフランス語で意気投合しフェイスブック友達になっていた。いいなあフランス語話せて。彼は別に勉強したわけじゃなくて子供のころから自然にバイリンガルなのだ。カナダにはこういう人がけっこう多い。

ババアはまだ外で油売っているので、とっても感じのいいメガネお兄ちゃんが担当になった。ホッ。チェックリストには書いてなかったけど念のために持って行ったLetter of Employment(契約書みたいなもの)も求められた。何か文句を言われたら印籠のように差し出したろっと思っていた例のCICウェブサイトのプリントを、勢い余って必要書類と一緒に渡してしまったらしい。でもこれが功をなしてか、「CICの書類出したんだよね?」と軽く聞かれただけで、で、で、でたーーーーー!やっとビザが出ました。ちゃんと15ヶ月!これだけあれば永住権獲得までカバーできるはず。つぎに国境に来るときはPRカードもらえるときですかね。わくわく。あ、返送されたアプリケーションまた送らなきゃ…。

ながい、ながい戦いが終わりました。今度こそもうダメかと思ったけど今度もまたなんとか切り抜けたぜ。



約80日ぶりに仕事に戻ります!チャンスを与えてくれた会社に感謝。ずっと支えてくれたセビくんに感謝。来年の夏もまたカナダにいられるぞ。

4 件のコメント:

Hiromi Yamane さんのコメント...

安心しました!読んでてハラハラしちゃいました!よかったですー

めぐもぐみ さんのコメント...

おめでとうございます!!よかったですね。
ブログは最初の頃からずっと読んでます。どんどんステップアップされてて憧れます。

匿名 さんのコメント...

いつもブログ読ませていただいてます!私もBCPNPでPR申請中で、同じ時期にBC州に申請して、これまた同じ時期に承認レターきたんです!なので陰ながら応援させてもらってました٩(。•ω•。)و 某サイト(JPカ〇ダ)に載せた投稿にお返事くれたのは、もしやちひろうさぎさんですか?

chihirousagi さんのコメント...

Hiromi Yamaneさま 
あちこちで騒いでご心配おかけしました…。絶体絶命を切り抜けられたのはいろんな人に助けてもらったおかげです。そして図々しく助けを求めた自分のおかげです笑。

めぐもぐみさま
わーご愛読ありがとうございます。いやあステップアップってほどじゃないですけど、なんとかまだカナダにしがみついてますねー。全然順調ではないけどじわじわ夢に近づいている実感はあります。

匿名さま
わ!仲間!ノミネートにかかる時間バラバラすぎませんか?同じ時期か前に申し込んだのに今も待ってるひとけっこういるって聞きました。わたしたちはラッキーでしたね。J○カナダは数回書き込みしたことあります。あそこはけっこう頭のおかしい輩も多いので名前は出していないのですがー。